渋谷の古着屋_&Co.ブログ

毎日更新 最先端のファッション、アンドコー独自のスタイリング、一歩先の情報を発信しています。

知っておくと得する、良い靴の簡単な見分け方!

スポンサード リンク

只今、空前のスニーカーブームと呼ばれています。

 

普通に履く分にはやはり、楽でカッコいいスニーカーが一番適しているのは事実です。

しかし、スニーカーには出せないシックな格好良さのある靴と言ったら単靴では無いでしょうか?

ドレスシューズ、ビジネスシューズ等、様々な呼ばれ方のあるクラシックな靴です。

 

f:id:andco0501:20151209141927j:plain

 

OLD ウィングチップ 内羽短靴

 

f:id:andco0501:20151209142139j:plain

OLD 内羽 短靴

 

この様な靴は世の中に腐る程あります。

価格も数千円〜何十万する物まで幅広くあり、一般的な靴屋にもあれば、紳士服屋にもスーツと一緒に買うのに売っています。

 

面的に分かりやすい特徴が無いため、買う際も何を基準に買ったらいいか悩みどころではないでしょうか??

革の質感なのか、着脱がしやすいのか等の前に知っておくと良い最も分かりやすい所がこちら!

 

アウトソールを見てみましょう。(靴の裏)

f:id:andco0501:20151209143449j:plain

こちらの靴の製法はセメンテッド製法と言い、アッパーとソールを縫ってある様に見せかけてはいますが、実は縫っていなく接着剤で張り合わせ、密着させる製法です。

安価ですが、壊れたらそれで終わりです。

 

f:id:andco0501:20151209143604j:plain

こちらはマッケイ製法と言いアッパーとソールを縫い込んで作られています。

なので、ソールが壊れても張り替えが可能です。ちなみに新品でブランドが付くと、安くても3、4万は簡単にします。

 

革靴はスニーカーと違い、そこまで買い替えるアイテムでも無く長く愛用するアイテムです。

折角買うなら長く愛用できる良い物を購入するべきです。

 

写真では伝わりませんが、履き心地も足を包み込むようなフィット感があり歩きやすい特徴もあります。

 

当店ではマッケイ製法が選ぶ基準の最低ラインとしてバイイングしております。

 

選ぶ基準は人それぞれですが、作り込み、デザイン、革質、価格、全てにおいて特化している単靴は古着にあると僕は思います。

 

中古の靴に抵抗の無い方は確実に一見の価値有りです。

広告を非表示にする